1. ホーム
  2. 整形
  3. ≫男は整形でイケメンになれるのか?整形の限界と恋愛の相対評価について

男は整形でイケメンになれるのか?整形の限界と恋愛の相対評価について

Pocket

整形をすることで男は必ずイケメンになれるのでしょうか?今回は男が整形でイケメンになれるのかどうか、整形の限界、恋愛の相対評価についてお話します。

イケメンの定義とは

まずイケメンをどのように定義するかどうかですが、「美とは平均である」という言葉を踏まえるならば「顔のパーツの形や大きさ、位置が平均である」という定義になります。

 

つまり、イケメンにする整形とは「平均とは逸脱した顔のパーツの形や大きさ、位置の修正」ということになります。

 

当然ながら顔の好みというのは人それぞれなので、そこは加味しないものとします。

 

また「あるより無い方がより大きな割合の女性に受けるであろう」というものも除去します。具体的にはヒゲやホクロ等です。

 

身長も大きなアドバンテージとなる

また、イケメンの定義の中で「高身長」というのも大きなパーセンテージを占めます。

 

「低身長イケメン」よりも「高身長フツメン」の方が実は一般的には「イケメン」という見られ方をします。

 

もちろんジャニーズは低身長でもイケメンと言われますが、彼らはそもそも「イケメンしか入れないジャニーズ」という肩書があるので身長など関係ありません。

 

整形の限界について

もうお気づきの方もいるかもしれませんが、やはり整形にも限界はあります。なぜなら、頭蓋骨の大きさそのものを小さくしたり身長を伸ばすことは整形では難しいからです。

 

ちなみに身長は後遺症のリスクと通常の整形とは桁違いのお金を払えば伸ばせます。しかし頭の骨格のサイズを変更する整形などはありません。

 

現実的に考えると「顔の大きい低身長のブサメン」が「8等身のイケメン」に整形で変身するのはかなり難しいでしょう。

 

雰囲気イケメンなら誰にでもなれる

しかし、雰囲気イケメンなら誰にでもなれます。

 

全てのパーツをいじる必要がある人なんてそうそう居ません。自分の欠点だと思う部分だけプチ整形すれば、イケメンに近づく可能性は大いにあります。

 

身長が低くても底上げシューズを履けば、5cmくらいなら簡単に伸ばせます。

 

また、雰囲気を左右する髪型や眉、服装に気を付ければ誰でも「イケメンっぽい雰囲気」を身につけることは可能です。

 

恋愛は相対評価、レベルを上げれば世界が広がる

恋愛というものは、残酷な相対評価です。人は、自分より下のレベルの異性に惹かれることはありません。

 

心のどこかで必ず、「この人は自分に釣り合うだろうか、自分の周りの異性より魅力的だろうか」と考えます。

 

つまり整形だろうが厚底シューズだろうが虚勢だろうが高級時計だろうが、少しでも「レベルが高い男の雰囲気」を身に着ければそれだけで周りの男より抜きん出ることができるのです。

 

女性の場合、男性と比べると「女を磨く努力」というのが目に見えても問題になりません。化粧、服、ハイヒールなど、どれほど底上げされた美しさでもそれは「頑張る女性、美しい女性」として見られます。

 

しかし男性の場合女性のような努力が目に見えて現れると「キモい」「ナルシスト」と言われてしまいます。「可愛くなる」より「イケメンになる」方がよっぽど大変なんです。

 

だからこそ、男はバレないようにこっそり努力するだけで簡単にレベルを上げることが出来ます。レベルが上がればその分手に届く女性のレベルも上がり、世界が広がります。

 

自分のレベルを上げる努力をしなければ、周りのレベルだけが上がっていき最終的には本来ありえないはずのハズレくじを引かされ一生搾取されるATMになる可能性もあります。

 

一度きりの人生、あなたはどちらの方が良いですか?

 

整形で人生が変わった僕の体験談は一重を眼瞼下垂&目頭切開で二重整形し人生が変わった男のブログ | 手術前後&経過の記事をご覧ください。

Pocket